外国語ナレーション・ナレーター

英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語・イタリア語・タイ語・アラビア語・ロシア語etcのナレーター/ナレーションの外国語収録について、日々の実際にあったエピソードをお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ナレーター」に対する認識の欧米人と東洋人の差

「ナレーター」とは、どのような仕事をする人か。
これについての認識は欧米人と東洋人で大きく異なっている。
欧米人ナレーターの場合、登録先のナレーター派遣会社に送付するボイスサンプルが、
(1)企業VP用、
(2)キャラクターボイス、
(3)語学教材用、
(4)歌
という4ジャンルにわたっていることが多い。
すなわち、彼らにとって「ナレーター」とは“声をつかってありとあらゆる仕事をする人”であり、英語でいえば“entertainer”、もしくは“performer”なのである。

 一方、中国人や韓国人など東洋人ナレーターの場合、「ナレーター」という言葉を聞いても、大型家電量販店などで流される外国人向けの店内放送や、観光地で制作される外国人観光客誘致用のビデオくらいしか連想できないためか、ナレーター派遣会社には企業VP用の“おかたい”ボイスサンプルしか送付しない。
おそらく東洋人ナレーターの意識の中では、キャラクターボイスを出すのは「声優」、語学教材用CDの音声を吹き込むのは「大学で語学の授業を担当している外国人講師」、歌を歌うのは「一流の歌手」であって、それらは「ナレーター」の仕事ではないのである。

 こうした認識の差は、インターネット上に顔写真を公開するか否かの判断にも現れている。英語ナレーターの多くは、個人のホームページでも、登録先のナレーター派遣会社のホームページでも、顔写真を公開している。これはやはり「表現者としての自負心」がそうさせるのであろう。一方、東洋人ナレーターの場合は、日本人と同じように「インターネット上に自分の顔写真が掲載されるのは何だか恥ずかしい」、「オープンにするのは声だけにしてほしい」といった“いい意味での奥ゆかしさ”があり、なかなか顔写真を公開しようとしない。

 ところで、日本国内における“声の仕事”の需要は、欧米言語のほうが東洋言語より遥かに多く、求められる声質も多岐にわたっている。したがって、欧米人ナレーターにとっては、稼ぎたければ「できるだけ守備範囲を広く見せておいたほうが得」という事情もある。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。