FC2ブログ

外国語ナレーション・ナレーター

英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語・イタリア語・タイ語・アラビア語・ロシア語etcのナレーター/ナレーションの外国語収録について、日々の実際にあったエピソードをお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ナレーションの翻訳とは

翻訳を依頼するとひと言でいっても、依頼主の思惑はさまざまなようです。
よくあるケースは、
1.原文の意味を汲み取りながら、こなれた文章に仕上げること。
これは翻訳というよりコピーライティングといった範疇に含まれる依頼内容です。
 一方で
2.直訳は困るが、原文の意図に正確・忠実な文章とすること。
原文と異なる表現だと、誤訳や訳抜けでは?と質問を受けることがよくあります。

ナレーションの翻訳は、この1と2の要素を併せ持つ必要があるように思います。

 その映像を見るのは、ネイティブであることを踏まえると、日本語の構文とは異なった、その言語圏でよく使われる表現をすることは、伝えるという意味で重要な要素です。
 しかし、一方で意訳しすぎると、映像との尺が全く合わなくなったり、翻訳者の個性が出すぎて原文の文体を逸脱したものになってしまい、日本語版と整合性を欠くことにもなります。

翻訳を依頼される際は、カタログやWEBなどの読むためのものか、ナレーションのように耳で聞いて、ネイティブにわかりやすく伝わるものかによって、翻訳の依頼先を代えるような工夫が必要なのです。
「翻訳に正解はない」
といわれるのは、こういったことも大きな要因です。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。